中性脂肪を減らすための食生活、食材

バランスのいい食生活

中性脂肪を減らすのに一番大切なのは、食生活のバランスです。炭水化物・タンパク質・食物繊維・脂質・ビタミン・ミネラルといった栄養素を、食事にバランス良く取り入れて、規則正しい食生活を送ることが基本となります。

 

今中性脂肪の値が高いと診断される人で増えているのが、独身男性です。独身男性は特に食事時間が不規則で外食が多く、コンビニ弁当やスーパーの惣菜で済ませる人が多いことが原因として考えられます。またタバコを吸ったりお酒をいっぱい飲んだり、仕事のストレスなども中性脂肪が増える要因の一つだと言われています。

 

出来るだけ毎日同じ時間帯に3食きちんと取るように心がけ、食事を抜いたりせず、毎食腹八分で終わるようにしましょう。毎食お腹いっぱいになるまで何も気にせず自分の好きなものだけを食べていては、中性脂肪が増えるのは当たり前です。

 

もちろん外食する機会もあると思いますが、そういった場合には魚料理、特にサンマなど青魚の焼き魚定食がおすすめです。定食だと野菜や煮物・イモ類・海藻類などバランスよく摂取することが出来るので、中性脂肪を減らすのに理想的な食事と言えます。

 

仕事中や忙しいときなどは、完璧に実行するのが難しいときもあるでしょうが、これを意識しているかどうかで状況はかなり変わってきますので、常に意識して出来るだけ理想的でバランスの良い食事を選ぶようにしましょう。

おすすめの食材「とろろ昆布」

中性脂肪を減少させる効果が期待できる食材としておすすめなのが、とろろ昆布です。とろろ昆布は、酢につけて軟らかくした昆布を糸状に削り取ったもので、他の昆布と違って煮たり炊いたりしないので、もともと昆布に含まれている豊富な食物繊維やミネラルをそのまま取り入れることが出来る優秀な食材です。

 

このとろろ昆布に豊富に含まれている食物繊維は水溶性で、体内に吸収されやすく、中性脂肪の減少にとても効果があります。普通の昆布でも成人病予防に有効な成分が入っていますが、とろろ昆布は更に大きな効果が期待できるのです。

 

しかしとろろ昆布が中性脂肪の減少に効果があるからといって、そればかりを食べていては栄養バランスが偏った食生活になってしまいます。とろろ昆布が入った汁物にしたり、冷奴など他の食材にのせたり、うどんなどの麺類に入れたりなど、まずは無理せず手軽にできることから始めてみましょう。

 

またその他にも
・白身魚にのせて蒸す
・肉を巻いて揚げる
・大根と和えてサラダにする
・ハンバーグの具として混ぜる
などのひと手間加えた料理のアレンジにもおすすめです。

 

とにかくとろろ昆布が常に1袋は家にあるようにして、いつでも手が届く場所に置いておきましょう。そうすればその場で簡単に料理に加えられるので、無理なく摂取することが出来るでしょう。

永久脱毛には様々な脱毛方式があります。医療レーザー脱毛やホボホボビジンなどの技法は、実際いったいどのような脱毛法であるのかよく内容をわかっていない方も多くいらっしゃるかと存じます。